HOME > 画材について


画材について(必要備品について

描くものが決まったとき、最初に選ぶのがどこの上に描くのか(支持体を決める)、紙なのか、板なのか、キャンバスなのか。絵の具は何にするのか、水彩なのか、クレヨンなのか、油絵具なのか。ここから絵が始まります。

つまり基本的に必要なものは

支持体        ―描く場所 たとえば キャンバス、紙、板など
料(ピグメント)  ―色
色材(メヂュウム) ―接着剤

顔料と展色材を混ぜあわせると絵の具になります。

  水彩   【顔料 + アラビアゴム】
  クレヨン 顔料 + ロウ    
  パステル 顔料 + 膠(にかわ)
  油絵具  顔料 + オイル   

( 絵の具  顔料 + 展色材   

■油絵組み合わせセット(数字は参考価格)

  ・油絵具          ¥3,500
  ・ペインチングオイル     ¥350
  ・ネオクリーナー       ¥300
  ・あぶら壺          ¥600
  ・ペインチングナイフ     ¥500
  ・パレットナイフ       ¥500
  ・画筆        4号  ¥300
             8号  ¥380 
            12号  ¥480 
            16号  ¥610  

   +キャンバス(F10号)¥1,800、パレット ¥580

最初は、これだけの画材がそろえば油彩画は描くことができます。

※画材の用途基本を良く理解(体験講座を受講)してから購入することを薦めます。
※最寄りの画材展を紹介します。